証券会社が破綻した場合に投資者を保護する仕組みは以下のとおりです。キノコ
まず基本的に証券会社は顧客から預託された財産を、自社の財産とは別にして管理することが義務付けられています。これを分別保管といい、この方式がきちんと守られているのであれば、仮に会社が破綻した場合でも顧客が預託した金銭や有価証券は無事に返還されることになります。
しかし万が一の事故等により、顧客の財産が円滑に返還されないケースも想定されます。そのような事態に備える手段として、証券取引法に基づき設立されているのが保護基金です。この基金には日本で証券業をおこなうすべての会社が加入することを義務付けられています。破綻した会社による預託財産の返還がスムーズに行われないと認められる場合、一人当たり1000万円を上限としてこの基金から損失分の補償が支払われます。預託財産が現金ではなく有価証券等の場合は、補償に関する事項が公告された日の終値を基準としてお金で支払われ、預託していた有価証券等は当該基金に譲渡したものとみなされます。ただし有価証券店頭デリバティブ取引や外国市場デリバティブ取引など補償の対象外となる債権もありますので注意が必要です。