顧客分別金信託のタイムラグ

| 未分類 |

金融商品取引法の定めに従い、証券会社は投資家より預かった現金や有価証券等と証券会社自身が保有している現金や有価証券等を分別して管理しています。また投資家より預かっている資金は証券会社が保有するのではなく、分別金として信託銀行に信託しています。したがって仮に証券会社が破綻した場合でも、顧客が預けている資金は確実に返還されることになるのです。

スイーツ02
ただし証券会社に預けられる顧客の資金は日々変化しています。時には信託している分別金の総額より、実際に顧客から預かっている資金の総額のほうが多いこともあるのです。このような事態を解消するために、証券会社としても少なくとも週に1回以上は不足分を追加信託していますが、もし信託している分別金の総額が実際に顧客から預かっている資金の総額よりも少ない時に証券会社が破綻してしまった場合は、顧客に対して全ての分別金を返還することができない可能性がでてしまいます。

 
このような状況のことを顧客分別金のタイムラグといいます。もっとも日本国内で業務をおこなう証券会社はすべて投資者保護基金に加入しており、このような事態が起きた場合には投資者保護基金が不足分を補償することになっています。